世にも奇妙な物語17春の特別編感想

Pocket

世にも奇妙な物語17春の特別編感想

世にも奇妙な物語17春の特別編感想世にも奇妙な物語17春の特別編感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では2017年4月29日放送の世にも奇妙な物語17春の特別編感想から

  • 世にも奇妙な物語17春の特別編感想|夢男:中条あやみ
  • 世にも奇妙な物語17春の特別編感想|一本足りない:永作博美
  • 世にも奇妙な物語17春の特別編感想|カメレオン俳優:菅田将暉
  • 世にも奇妙な物語17春の特別編感想|妻の記憶:遠藤憲一

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世にも奇妙な物語17春の特別編感想|夢男:中条あやみ

世にも奇妙な物語17春の特別編感想

世にも奇妙な物語17春の特別編の第1話は、中条あやみさんの【夢男】でした。

この話は、女子大生のミドリ(中条あやみさん)が夢でうなされる姿から始まります。

ミドリは変な男の顔写真をモンタージュで作成し、この人が毎晩夢に出てきて私を悩ませています。誰か助けて下さい。

とツイッターで呟きます。

すると翌朝のミドリのツイッターの履歴が340件にも!?

通学のバスの中でツイッターを確認しながらバスを見渡すとバスの中にも手首に赤い紐を巻いた人たちがたくさんいます。

なにこれ?と思いながらミカンは見ていると、大学のミドリが通うゼミにも同じように赤い紐を手首に巻いた人たちがいて、皆が言うには、ミドリが拡散したモンタージュで作成した男が、夢に出てきたと、この通称夢男が夢に出てきたら手首に赤いものを巻きたくなるとの事。

ミドリは自分の夢に夢男が出てきたわけではないので内心では驚きますが、気分は満たされていました。

皆が自分が発信した内容で騒ぎだしていたからです。

しかも最初に夢男を見た人と言う事で取材まで受けますが、同級生の男の子のマナブ君が、ミドリを心配してあまり吹聴しないように忠告しますが、ミドリは頑として気にしませんでした。

夢男が夢に出てくる人が凄い勢いで増殖していき、アメリカでは政府が夢男多発減少に対する調査を始めるなどもう世界的に社会現象になり、実際に夢男が夢に出てきていないミドリは不安になっていきます。

大学のゼミの先生に相談し、実は夢男は自分が作った妄想の人物だと言うが先生は、その事を誰にも言うなとミドリに言います。

ミカンはこの先生怪しいな~と思ってしまいました。

ミドリのゼミの同級生が夢男に悩まされ校舎から飛び降りたり、世の中の人が夢男のせいで次々とおかしくなっていく、世にも奇妙な物語独特の世界になっていく中、ミドリはお母さんについに、夢男は自分が作った人物なんだと言おうとするが、お母さんの手首にも赤い紐が巻かれているのを見て言うのをやめました。

世にも奇妙な物語17春の特別編感想(夢男こんな顔です。かなり怖いです正直)

人々が次々おかしくなっていき、外にはついに夢男の顔をした人がミドリにも見えるよ卯になり、助けを求めにいった警官の顔まで夢男になっていて必死で走って逃げるミドリ・・・

と思いきや布団の中で目が覚めます。。。

なんだ夢ネタ!?とミカンは思いミカンまでホッとしていました。

キッチンの食卓で朝食を食べながらお母さんに実は怖い夢を見てねお母さんと話していると話を聞いてくれるお母さんですが・・・

なんと!?お母さんまで夢男の顔になっていてミドリにせまってくるではないですか!?

そしてついにはミドリはこれが夢なら覚めるよねと思いマンションから飛び降り病院で目を覚ますのです。

そして退院しても町の中にはスーツ姿の夢男が居てミドリに『あなたが私を求めたのではないですか』と言い終わります。

相変わらず謎を残し終わる所は世にも奇妙な物語だなと思いましたが夢男の顔はインパクト強すぎて本当に夢に出てきそうです。。。。

世にも奇妙な物語17春の特別編感想|一本足りない:永作博美

世にも奇妙な物語17春の特別編感想第2話目は非常に複雑な意味の解らない話でした。

完璧主義者の主婦あやこ(永作博美さん)は朝食を完璧に作ったのに、食べずにそっけない長男、長女、主人に不満そうです。

そしてキッチンの中に1本足りない包丁に気づき気になりだします。

そんな中家から持ち出した包丁で事件を起こしたというテレビからのニュースが耳に入り、長男の部屋、長女の部屋、あげくには主人の持ち物まで調べだすあやこ。

すると長男の部屋からは血のついた服や万札が十数枚くらい?とか長女の部屋からは海外留学のパンフレット(あやこには一言の相談もなし)主人からは浮気を疑わせるようなやりとりの証拠などが出てきて家族に対し不信感を抱いていきます。

長女が忘れていったスマホに届くLINEには『姉ちゃんお母さんにバレるまえにやっちゃおうよ』と届いたのを偶然見てしまい私が家族に殺されるの?

と疑いを持つようになるあやこ。

そんな家族が帰宅すると家族全員にキレまくるあやこ。

仕方がないので話そうと言い3人は話し出すが実はあやこに内緒で、銀婚式でオーロラを見たがっていたあやこにフィンランド旅行のプレゼントをしようとコソコソしていただけとの事。

ただの被害妄想だったとわかりあやこは泣き出す。

と思いきや再びキッチンから血の付いた包丁を発見するあやこ。

振り返るとリビングに血を流し倒れている家族3人・・・

ミカンもう意味が解らなくなり見ていましたが、自分が実は前日に3人を刺してしまっていたのだと思い出すあやこ・・・・

しかし長女のスマホがなり出て見ると旅行会社からでフィンランド旅行の件で・・・

と電話の先から聞こえてきて本当に自分の勝手な妄想で家族を殺めてしまったのだ・・・

と思っていたら実はソファで寝ていたあやこ・・・・

もう意味わかりません・・・

そんなあやこを長女が起こします。

今度は家族3人がなにやら優しそうな感じではなく不審な目であやこを見ます。

あやこキッチンへ行くと今度は4本ある包丁のうち3本がありません・・・

あやこは家族がやはり自分を殺めようとしていると思い最後の1本を手に持ちリビングへ飛び出し誰かが刺されたような血が飛び散ったところで終わり・・・

さすがは世にも奇妙な物語らしく意味が分かりにくい終わり方でした。

でも2話目も面白かったですね~

世にも奇妙な物語17春の特別編感想|カメレオン俳優:菅田将暉

世にも奇妙な物語17春の特別編感想3話目はカメレオン俳優。

監督にいきなりダメ出しをされるシーンから始まる俳優工藤(菅田将暉さん)の話でした。

そんな工藤はマネージャーと演技力を向上させるべく怪しげな研究所のようなところへ行き、カメレオンのホルモン、【カメレオーネ】というものを手に入れます。

翌日の演技でカメレオーネを打ち演技に挑む工藤。

役柄に成りきれるカメレオーネの効力で監督も驚くほどの演技を披露する工藤。

その次の作品もさらにその次の作品も様々な役柄をものの見事に演じ切り、あっという間にカメレオン俳優第2位の地位まで上り詰めます。

しかし八卷というカメレオン俳優第1位の評価を受ける俳優にはまだ届きません。

そんな八卷とついに共演するときがきますが、カメレオーネの打ち過ぎで普段からもカメレオーネを打っていた工藤は脳内に様々な役柄が混在し自分を保てなくなっていました。

先生から純度の高いカメレオーネを半ば無理やり受け取り八卷との共演に備えるがマネージャーはもうカメレオーネを使うなと言います。

しかしカメレオーネを打つ工藤。

でも実はカメレオーネを常用している工藤に気づいていた工藤の彼女がカメレオーネに細工していて実際にはカメレオーネを使わずに演技に臨んでいた工藤。

カメレオーネの力ではなく、自分の力で台本通りではない素晴らしい演技を披露する工藤。

カメレオン俳優ナンバー1の八卷も驚くほどの工藤の演技力でしたが、最後に血を吹いて倒れてしまいます。

そういう演技だと思っていた皆は工藤に近づくがそれは血を吹き倒れる演技では無く実際に血を吹きそのまま死んでいたのでした。

マネージャーは最後に皆で拍手で送りだしてあげて下さいと倒れている工藤を囲み皆で拍手をしているなか・・・

何と工藤の亡骸は光だし本物のカメレオンに姿を変えてしまい終わるという本当に世にも奇妙な物語らしいストーリーでした。

世にも奇妙な物語17春の特別編感想|妻の記憶:遠藤憲一

世にも奇妙な物語17春の特別編感想最後の話は妻の記憶。

3年前に妻を亡くしている陽一郎(遠藤憲一さん)のお話です。

世にも奇妙な物語はラストの話はいつも良い話が多いのですが今回もそうでした。

3年前に認知症になった妻を亡くしてしまった陽一郎は娘のみどりの結婚式に出席しています。

そこで新婦の父として結婚式で皆の前で挨拶をするのですが、その時にこの場にはいない亡き妻、みどりの母の話をします。

本来なら仕事で、認知症の妻の面倒をほとんど見ておらずに何も知らなかった陽一郎ですが、妻が亡くなってからある日突然、自宅のキッチンに妻の姿が見える様になります。

話しかけても触っても言葉もかえってこないし触れる事すらできない妻は家事をしたり料理を作ったり家から出かけたり普段の生活をしていきます。

脳医学に詳しい友人に相談したところ、妻の記憶が陽一郎にだけ見えているのではないかとの事で、そこから3年間陽一郎は妻の記憶に寄り添って生活していきます。

そして最後の日、認知症の妻がアイロンをつけたままにして家が火事になり亡くなる日まで妻の記憶に寄り添うのですがそこで本当に妻が亡くなった理由が自分との思いでの写真を眺め微笑んでいて逃げ遅れたというか逃げなかったと気づき、自分がその日お母さんをほったらかしにして自分のせいで亡くなったと思い込んでいた娘に結婚式で話すのです。

といった良い話系の物語が最後のお話でした。

今回の世にも奇妙な物語17春の特別編はミカン的には第1話の夢男が1番面白くインパクトが強すぎでしたね~。

ミカン世にも奇妙な物語は大好きで大抵は見ていますが今日の夢男は歴代お話の中でもかな里のインパクトで本当に夢に出てきそうで怖いです(笑)

本日の世にも奇妙な物語の感想は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Outstanding quest there. What occurred after? Good luck!

  2. Johnnie Arbry より:

    Excellent post. I was checking constantly this blog and I am impressed! Extremely helpful info specifically the last part 🙂 I care for such information a lot. I was seeking this certain info for a long time. Thank you and good luck.