約束のネバーランド第9巻ネタバレ感想に考察|ついにミネルヴァさんの正体が!?

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド第9巻ネタバレ感想に考察|狩場(かりにわ)の解放

約束のネバーランド第9巻ネタバレ

一方今は亡きミネルヴァさんの録音の声を聞いたエマたちはルーカスたちが今まで身を潜めていた狩場の解放を目指す事にします。

ゴールデンポンドで生き残っているレジスタンス的活動中の、ルーカスをリーダーとする人間は狩りを楽しむ鬼たちから、支給されていた武器を今まで保存し改良を加え、鬼は自分たちの仮面は壊せない程度の威力の銃を支給していましたが、長年かけて改良を加えた結果、鬼の仮面を壊せる威力の銃へと化していたのです。

ゴールデンポンドで狩りを楽しむ鬼たちの中で最も危険なのは、レウウィス大公、そしてバイヨン卿にノウス、ノウマなど・・・。

そんな鬼たちの中で唯一弱い鬼もいて、ルーチェという貴族鬼は、サンディとジリアンのコンビが上手く部下をせん滅した後に倒しました。

残る貴族鬼は、オジサンやルーカスですらかなわなかったレウウィス大公に、バイヨン卿にノウス、ノウマ

そして約束のネバーランド第9巻はレウウィス大公とエマが対峙した所で終わりました。

約束のネバーランドの第10巻が楽しみに発売日を待つことにします。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

その他の約束のネバーランド関連記事

約束のネバーランド8巻あらすじに感想【ネタバレ】|ゴールディポンドであったのは?

約束のネバーランド第6巻感想【ネタバレ】|1巻から5巻を一気読みハマってしまい購入しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする