約束のネバーランド第9巻ネタバレ感想に考察|ついにミネルヴァさんの正体が!?

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド第9巻ネタバレ感想に考察|生きていたノーマン!

約束のネバーランド第9巻ネタバレ

そして約束のネバーランドの第9巻でミカンが最も驚いたのは、死んだはずのノーマン(だって巻頭の人物紹介でも顔に×記されているのですよ~)が生きていた事です!!

しかも、この世界の鬼の世界と人間の世界の調停役、ラートリー家第36代当主のピーターラートリーの元で管理?(名目上は里親のように引き取られていったようですが)されていたのです。

ノーマンは表面上は素直に大人しく、博士の研究に従順にしたがっていますが、ノーマンはやはり農園で育てられた人間の子どもの中でも特に特に優秀らしく特別扱いされていたのですね。

なのでまだ出荷(食べられる)されていなかったのです。

ノーマンは、ピーターラートリーの元、エマやレイたちに会いたいとの思いで、何とかそこからの脱出法を探しているようです。

ノーマンは無事にもう1度エマたちに会えるのでしょうか?

ノーマンが生きていてことにより今後の約束のネバーランドが非常に面白いものになる事は間違いないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする