約束のネバーランド8巻あらすじに感想【ネタバレ】|ゴールディポンドであったのは?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド8巻あらすじに感想【ネタバレ】|オジサンの真意

約束のネバーランド8巻あらすじ感想ネタバレ

約束のネバーランド第8巻では、外にミネルヴァ探しの為にゴールディポンドへ向かう、エマ、レイ、オジサン一行ですがオジサンがわざとエマたちを鬼に襲わせると言う策にハマり、鬼たちとエマ&レイが戦いながら逃げるシーンから始まります。

オジサンは、エマたちのうち、片方を殺し、片方が死ねばもう片方は助ける気でいましたが、レイの機転で鬼は顔に複数ある目を潰せば再生もしなくなり殺せるとわかりエマに伝えたレイ。

その事により、エマとレイはオジサンの助けがなくても、鬼たちから逃げ切る事が出来続けるのでした。

オジサンは、自分も農場から脱出した時に、複数人の仲間がいたのですが、今では皆死んでしまい自分1人。

エマたちに情が移っても、外のこの鬼の世界ではどうせ皆死んでしまうので、わざと邪見にしているようにも見えます。

そんなオジサンは揺れる心を、抑えやはりエマたちを殺す決意はかわらず、ゴールディポンドでエマたちのうちの1人を殺そうと思うのでした。

しかし、エマのオジサンも仲間を失い苦しかったのでしょ!私たちに銃を向けたのも昔の自分たちを見ているようで苦しかったからでしょ!私が、オジサンを助けてあげるから、協力しあおう!という言葉にその時は、はねつけるが、エマたちがゴールディポンドに入ろうとする瞬間に引き返せゴールディポンドへは入るなと、助けようとしたのか心変わりをしたような事を言いますが、エマだけはゴールディポンドへ連れて行かれてしまうのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする