和歌山城観光にアクセス駐車場について|徳川吉宗の育ったお城

Pocket

和歌山城観光にアクセス駐車場について|徳川家の威光を示す巨城です

和歌山城観光アクセス和歌山城観光アクセス駐車場についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰のサイト管理人ミカンです♪

基本パワースポットめぐりや寺社仏閣をめぐるのが好きなミカンですが、時間かかりますが日本のお城も1つ1つ訪れていきたいと最近思い始めております。

つい先月には大阪城に久々に行ってきたのですが、お城を訪れると必ず自然に触れれますし結構歩きますし良い運動にもあります。

何より日本のお城は美しく歴史に触れれるというのもお城の魅力の1つであるとミカンは思っています。

そこで今日から不定期にはなりますがミカンの訪れる予定または訪れてみたいと思うお城について調べていきご紹介させて頂きたいと思いました。

この記事では

  • 和歌山城観光アクセス駐車場|ミカンは何度か行ったことがあります
  • 和歌山城観光アクセス駐車場|お城データ
  • 和歌山城観光アクセス駐車場|徳川八代将軍吉宗公が育ったお城です

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

和歌山城観光アクセス駐車場|ミカンは何度か行ったことがあります

和歌山城観光アクセス和歌山城にはミカン何度か行ったことがあります。

1番最近ではミカンの長女がまだ4歳か5歳くらいの頃に連れて行ってあげた事がありましたので5年ほど前になりますでしょうか?

ミカンの住んでいる地域からですと車で40分ほどで着きますので有名なお城の中では大阪城と並び1番身近なお城であります。

また近いうちに和歌山城には行ってみたいと思っていまして、その際にはこの記事にも追記させて頂きます。

和歌山城観光アクセス駐車場|お城データ

和歌山城観光アクセス和歌山城は天正13年(1585年)に鈴木家を倒し紀伊を平定した羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が弟の羽柴秀長に命じて築城しました。

翌年に羽柴秀長の城代、桑山重治が入城。

関ヶ原の合戦以降は浅野幸長が入り大拡張されます。

その後、徳川家康の十男、徳川頼宜が入封し御三家の格式へと昇りつめていきます。

和歌山城

別名:竹垣城 虎伏城

城地種類:平山城

築城年代:天正13年(1585年)慶長5年(1600年)元和5年(1619年)

築城者:羽柴秀長、浅野幸長、徳川頼宜

主な城主:羽柴氏、桑山氏、浅野氏、徳川氏

文化財史跡区分:国指定史跡、国指定名勝

近年の主な復元・整備:平成18年に御橋廊下を復元、表坂入口付近・西の丸西側石垣修理など

天守の現状・形態:層塔型 三重三階 鉄筋コンクリート造

アクセス

最寄り駅:南海本線 和歌山市駅  JR阪和線 和歌山駅

お車での観光の方へ和歌山城周辺の駐車場はこちら

和歌山城観光アクセス|徳川八代将軍吉宗公が育ったお城です

和歌山城観光アクセス

和歌山城と言えば歴代の城主の中でもやはり、暴れん坊将軍で有名な徳川吉宗公が紀州藩主であったころに城主であられ、吉宗公が生まれ育った地として有名ですよね。

紀州藩主になる前はまだ名も新之助という名で江戸の紀州藩邸で住んでいた徳川吉宗。

手の付けれないほどの暴れん坊であったとか?

新之助が22歳の頃に兄たちが相次いで亡くなり、紀州藩主を継ぎ徳川家を相続し第5代紀州藩主となります。

紀州藩主時代には和歌山城の大手門前に訴訟箱を設置して直接訴願を募り、文武の奨励や孝行への褒章など、風紀改革にも努めました。

名君吉宗公が城主であった名城和歌山城は一見の価値がありますよ。

ただ城の天守閣まで登るのに結構な上り坂なので体力がいります。

和歌山城周辺には時期によってはイベントをしていることもあり、純粋に和歌山城観光も楽しいです和歌山城観光後も結構楽しめたりします。

次にミカンが和歌山城を訪れた時には周囲の美味しそうな食べ物屋さんなども行ってみてまたこちらのサイトでご報告させて頂きます。

和歌山城に来られる方々に少しでもご参考にして頂きますと嬉しいです♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の日本のお城関連記事】

大阪城観光にアクセス|天守閣にはエレベーター設置

姫路城観光にアクセス駐車場|行ってみたいお城NO1人気の白鷺城!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする