仕事子育て両立支援|児童扶養手当の増額について


仕事子育て両立支援|育児介護休業法改正に伴い

子育て仕事両立育児介護休業法児童扶養手当仕事子育て両立支援についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

共働きが当たり前となりつつある現代社会。

正直、子育てをしながら仕事を持つママさんの大変さはミカンも経験してきているのでわかります。

少子化が問題視されていますが、ミカンの母世代やさらにその前の世代の方々のように、今では専業主婦をできないような、経済事情に、女性の社会進出が昭和の時代に比べればしやすくなった事も影響しているかと思います。

しかし現実的に見ても、仕事をしていても女性は出産もすれば子育てもしなくてはなりません。

そんな子育てをしながら仕事も頑張るミカンと同じ立場のママさんを支えるべく、2015年にスタートした【子ども・子育て支援新制度】にこの2017年1月から【仕事子育て両立支援】が加わりました。

この記事では、仕事子育て両立支援や育児介護休業法の改正の施行により、子育てキャリアウーマンの方により良い子育てをして頂くために

  • 仕事子育て両立支援とは?
  • 仕事子育て両立支援|育児介護休業法の改正点
  • 仕事子育て両立支援|児童扶養手当の増額は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

子育てを頑張り、お仕事も頑張られていらっしゃるママさん方に少しでもご参考にして頂きますと嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事子育て両立支援とは?

子育て仕事両立支援育児介護休業法児童扶養手当

仕事・子育て両立支援とは?

従業員が働きながら、子育てをしやすいように環境を整えて、離職防止、就労の継続、女性の活躍などを促進する企業を支援する制度です。

2017年度末までに、待機児童ゼロをめざす、【待機児童解消高速化プラン】に基づく、保育の受け皿の整備としても、企業主導の保育事業を支援していきます。

しかし現状では、政府が掲げている、待機児童ゼロを2017年度末までに達成するのは難しいようで、施設整備が働く女性の増加に追い付いていないのが現実です。

具体的に始まった施策としては、企業主導型保育事業と、企業主導型ベビーシッター利用者支援事業の2つが新たに始まりました。

これまでの【事業内保育施設設置・運営等支援助成金】の新規受付を2016年度で停止。

これが企業主導型保育事業となりました。

この事から、週2日程度の就労や、夜間、休日勤務など、非正規社員も含む従業員の多様な働き方に対応できる保育の場の増加が見込まれます。

また企業主導型ベビーシッター利用者支援事業は、利用者1回あたり2,200円の補助が受けられ、多様な働き方に対してさらに手厚い対応ができりような傾向にあります。

仕事子育て両立支援|育児介護休業法の改正点

子育て仕事両立支援育児介護休業法児童扶養手当

育児・介護休業法の改正点

育児に関する改正点は

  • 有期契約労働者(派遣社員・契約社員など)の育児休業の取得要件の緩和
  • 子の看護休暇が半日単位で取得可能
  • 育児休業などの対象となる子の範囲の拡大
  • いわゆるマタハラ(マタニティハラスメント)などの防止措置を新設

今回の改正により、有期契約労働者の育児休業の取得を緩和し、特別養子縁組監護中の子どもに対しても育児休業が取得できるなど、今までは企業寄りに法の隙間を突いて、労働者が不利となっていたようなところへも改正が入りました。

より育児期に家庭と仕事を両立できる支援制度の整備がなされたと言えそうですね。

仕事子育て両立支援|児童扶養手当の増額は?

子育て仕事両立支援育児介護休業法児童扶養手当2016年8月1日の、児童扶養手当法が一部改正された事を請け、児童扶養手当の第2子の加算額および第3子以降の加算額が増額されました。

第2子 月額5,000円⇒全部支給:月額10,000円 一部支給:月額9,950円~5,000円(所得に応じて決定)

第3子以降 月額3,000円⇒全部支給:月額6,000円 一部支給:月額5,990円~3,000円(所得に応じて決定)

2017年4月から物価スライド制導入

2016年8月より、第2子の加算額、第3子以降の加算額は増額されましたが、2017年4月からは加算額に、物価スライド制が導入されます。

物価スライド制とは?

物価スライド制とは、物の価格が上がり下がりを表した、【全国消費者物価指数】に合わせて支給する額を変えるしくみです。

子どもが1人のご家庭への手当額には既に導入されていました。

これにより、今後の児童扶養手当支給額はすべて、物価の上下に左右されることになります。

以上が仕事・子育て両立支援、児童扶養手当に関する内容になります。

子育てを頑張りながら、お仕事も頑張るのは、肉体的にも精神的にも、非常に大きな負担になるかと思います。

頑張っていらっしゃるママさんに少しでもご参考にして頂ければ幸いです。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の社会保障関連記事】

iDeCo個人型確定拠出年金|3つのメリットに2つの注意点

出産についての公的補助|出産育児一時金など

産休中の社会保険料について|産休育休は働く女性の権利

育児介護休業法改正点|2017年1月1日より施行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする