一澤帆布の鞄選び|京都にて


一澤帆布の鞄を購入しました|ミュージカル開演までの時間にて

一澤帆布鞄一澤帆布の購入についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では京都劇場に劇団四季のミュージカルに来た日にランチを済ませ開演を待つまでの時間を利用して一澤帆布でショッピングをした時のことを

  • 一澤帆布の鞄を求めて|元同僚の影響です
  • 一澤帆布の鞄|現在使用中の物が老朽化しており・・・
  • 一澤帆布の鞄|京都に来た目的の1つでした

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

一澤帆布の鞄に興味がある方のご参考に少しでもして頂きますと嬉しいです♪

京都劇場の様子はこちら

ランチの様子はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一澤帆布の鞄を求めて|元同僚の影響です

≪一澤信三郎帆布≫

一澤帆布鞄

2017年1月、ミカンは友人達と一澤信三郎帆布に行ってきました。

以前にミカンはあやの小路(職人が手作りする京都のがま口専門店)の鞄を購入したいと言っていた友人と京都に訪れた時に一澤信三郎帆布に連れて行ってもらったことがありました。

帆布製品には全く興味がなかったのですが、数年前に勤めていた会社の同僚がその時に一澤信三郎帆布の鞄を職場に持ってきており、かわいらしいデザインの鞄だなとは思ったことはあったので一澤信三郎帆布の鞄には少し興味がありました。

せっかく京都まで来た思いもありましたのでとりあえず一澤信三郎帆布の手提げ鞄を購入しました。(友人はあやの小路のがま口の鞄を購入。)

購入後に実際使ってみるとさすが帆布製品の鞄だけあって軽い。もともとデザインはかわいいと思っていたのですっかり一澤信三郎帆布の虜になってしまいました。

一澤帆布の鞄|現在使用中の物が老朽化しており・・・

お気に入りの為、使用頻度が高くいつのまにか鞄は使用できない状態(取っ手の紐の箇所がボロボロ)になってしまいました。

(かなり長持ちしたと思います。友人にはミカンは一澤信三郎帆布の鞄を購入して正解だったね。あれだけ使用したらかなりのお値打ちものだったよと言われております。)

ミカンは新しい一澤信三郎帆布の鞄を購入したかったのですが、なかなか京都まで行く機会がありません。

通信販売もしているようですが、かなりイメージ能力が無いミカンなので、できれば現物を見て購入したいという思いがあり通信販売では購入しませんでした。

一澤帆布の鞄|京都に来た目的の1つでした

今回、≪劇団四季ミュージカル 美女と野獣≫を京都劇場に見に行くという目的がありましたので友人達にお願いをして一澤信三郎帆布のお店に寄ってもらうことにしました。

一澤帆布鞄

一澤信三郎帆布のお店は京都の一店舗です。

京都の八坂神社や知恩院などが近くにあり店舗は東大路通りに面しています。

「布包」の暖簾とガラスのショーウィンドウが目印です。

ミカン達は友人が運転する車でお店まで行きました。

専用駐車場はないのですがお店のすぐ隣にコインパーキングあるのでそちらを利用しました。

営業時間は午前9時より午後6時までみたいです。

一澤帆布鞄

かなり久しぶりの来店です。

店に入るとかわいらしい鞄が沢山飾られていました。沢山あり過ぎてどの鞄を購入しようかかなり迷ってしまいます。

一澤帆布鞄どの鞄が良いか迷い過ぎて、保守的な性格のミカンは以前購入したのと全く同じ鞄を購入しようかと考えます。

ちなみに下の写真の一番手前の赤色の手提げかばんを以前購入しました。

一澤帆布鞄

店は2階建てになります。店内を行ったり来たりしてどの鞄にしようかかなり考えます。

店内を歩いていると[お陰さまで110年]と書かれたプレートを見つけました。

一澤信三郎帆布は今年で110年なんだ、そんな昔からあるお店なんだなということを初めて知りました。

一澤帆布鞄刻々と時間が過ぎて行きます。

一人で考えていても結果を出すことができないので友人達に相談することにしました。

友人達のアドバイスを元にやっと購入する鞄を決定することができました。

早速購入する為にレジに行き紙袋に入れてもらいます。

一澤帆布鞄

紙袋は【鞄】とだけ書かれたシンプルな紙袋なのですがミカンの好きなデザインの紙袋です。

かわいい紙袋なので紙袋も大事にしたいです。

一澤帆布鞄

なかなか京都に来る機会がないので、今回購入した鞄はお出掛け用として大切に使いたいと思います。

一澤帆布の鞄をお求めの方に少しでもご参考にして頂ければ嬉しいです♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Norberto Buder より:

    Very interesting info !Perfect just what I was looking for! “Music is a higher revelation than philosophy.” by Ludwig van Beethoven.