何の日4月1日|エイプリルフール新会計年度など

Pocket

何の日4月1日|エイプリルフール新会計年度新学年

何の日4月1日

何の日4月1日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

いよいよ年度が変わり4月の1日になりました。

この記事では本日4月1日が何の日かを
 
  • 何の日4月1日|エイプリルフール
  • 何の日4月1日|新会計年度
  • 何の日4月1日|新学年
 
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何の日4月1日|エイプリルフール

何の日4月1日

 

エイプリルフール

皆様ご存知かと思います。

本日4月1日はエイプリルフールです。

世にいう嘘をついて良い日とされている日ですね。

それではエイプリルフールの由来は何処から来ているのでしょうか?

罪のない嘘をついて良いとされる日とされているのですが、日本では、四月馬鹿とも呼ばれています。

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していましたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用しました。

これに反発した人々が4月1日を、嘘の新年として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりとされているのです。

また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていましたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を、揶揄節と呼んでからかったことによるとする説もあります。
 

何の日4月1日|新会計年度

何の日4月1日

 

新会計年度

会計畑出身のミカンには馴染みのある話になるのですが、本日4月1日は新会計年度です。

4月1日から翌年の3月31日を、年度として括ります。

江戸時代までは、暦年とは別の、年度というものはなく、1月から12月までで会計を行っていました。

しかし、明治維新の後、政府の財政が苦しく、暦年と合わせることができなくなってから、年度が作られます。

その為、当初は年度の始期が頻繁に変えられていきます。

1886年に、現在の4月から翌年3月までとなりました。

会計年度の始期が4月1日となったのは、秋の収獲後の徴税の都合の為であるとされています。

また、イギリスでかつて3月25日を新年としており、金銭の精算に一週間の猶予が認められていたからとする説もあります。
 

何の日4月1日|新学年

何の日4月1日

 

新学年

本日4月1日から新学年です。

学年度始めの日ですね。

4月1日から翌年の3月31日を、年度として括ります。

元々日本では、特に入学の時期は定められておらず、年中入学可となっているのが普通でした。

1886年10月に、高等師範学校が学年暦を4月1日からと定め、1888年から全国一斉にこれにならうようになりました。

ただし、大学や高等学校では欧米の習慣に合わせて9月に新学期を始めていました。
4月1日生まれの人は、前年度の3月生まれの人と一緒に入学することになります。

これは、学校教育法での規定による為です。
 
年齢計算ニ関スル法律、では年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算スとし、民法第143条では年を単位として期間を定めた場合には、起算日の応答日の前日に期間が満了することとしています。

つまり、4月1日に生まれた人は、その6年後の3月31日をもって五歳の期間が満了することになり、その翌日の4月1日に始まる学年から小学校に入学する事になるのです。
 
以上が本日4月1日の何の日です。

それではまた4月2日の何の日でお会いしましょう。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする