何の日3月3日|桃の節句雛祭り耳の日


何の日3月3日|桃の節句雛祭り耳の日

何の日3月3日何の日3月3日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰のミカンです♪

この記事では3月3日がどんな日なのかをご紹介しております。

3月3日は有名な日ばかりなので皆様ご存知ですよね?

この記事では

  • 何の日3月3日|桃の節句
  • 何の日3月3日|雛祭り
  • 何の日3月3日|耳の日

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何の日3月3日|桃の節句

何の日3月3日

上巳,桃の節句

3月3日は桃の節句です。
 
上巳の節句は五節句の一つです。

元々は3月上旬の巳の日でしたが、後に3月3日に行われるようになりました。

旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから桃の節句と言われています。

古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣がありました。

これが平安時代に日本に取り入れられました。

後に紙で小さな人の形(形代(かたしろ))を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになりました。
 
この風習は、現在でも流し雛として残っています。

何の日3月3日|雛祭り

何の日3月3日

雛祭り


3月3日は雛祭りです。

日本国民ならこの日が雛祭りという事は誰もが知っている事ですよね。

ミカンも女子なので幼いころには雛人形を親に飾ってもらった事を覚えています。

女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。

女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀ります。

上巳の日には、人形に穢れを移して川や海に流していましたが、その人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになりました。

そして現在の雛祭りとして発展して行きます。

雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていましたが、やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の行事となりました。

そして現在の私たちの雛祭りの風習へと移り変わって行ったのです。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていましたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、尚武にかけて男の子の節句とされるようになったのです。

何の日3月3日|耳の日

何の日3月3日
日本耳鼻咽喉科学会が1956年に制定しました。

み(3)み(3)の語呂合せですね。

また、耳の聞こえなかったのヘレン・ケラーにサリバン女史が指導を始めた日でもあります。

そして電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある日です。

以上が本日3月3日です。

こうしてミカンも毎日今日が何の日かという事を気にしていますと日にも何だか派手な日と地味な日がありますよね。

3月3日はどちらかと言えば派手な日ですよね。

それではまた3月4日の何の日でお会いしましょう♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Caelii より:

    Hey hey hey, take a gadenr at what’ you’ve done