何の日2月21日|日刊新聞創刊の日漱石の日など


何の日2月21日|日刊新聞創刊の日漱石の日食糧管理法公布記念日

何の日2月21日何の日2月21日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

さてさて今日は2月21日。

普通に生活していたら別に何の事もないただの平日ですし何のインパクトも無い日ですよね。

ご自身や大切な方のお誕生日や個人的な特別な記念日の方を除けばただの2月21日火曜日です。

しかし実はただの2月21日ですが今日はこんな日でもあるのです。

この記事ではただの2月21日をこんな日であるという事を知って過ごして頂くために

  • 何の日?2月21日|日刊新聞創刊の日
  • 何の日?2月21日|漱石の日
  • 何の日?2月21日|食糧管理法公布の日

以上の項目に沿って2月21日が何の日かをご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何の日?2月21日|日刊新聞創刊の日

何の日2月21日1872年の2月21日、現存する新聞の中では日本初の日刊新聞『東京日日新聞』(現在の毎日新聞)が創刊されました。

日本初の日刊新聞は1870年発刊の横浜毎日新聞ですが他社に吸収されているので、現存する中では現在尾毎日新聞が最古とされています。

ただし、毎日新聞はご自身では「東京で最初の日刊紙」と表現していおります。

この事から本日2月21日は日刊新聞創刊の日とされております。

何の日?2月21日|漱石の日

何の日2月21日2月21日は漱石の日でもあります。

日本人ならほとんどの方がその名前を知っている文豪夏目漱石さん。

学生時代の国語の授業でも夏目漱石さんの作品は【吾輩は猫である】などをはじめ習う事もありました。

その文豪夏目漱石さんの日となっている今日2月21日ですがその由来は1911年の2月21日に、当時の文部省が夏目漱石さんに文学博士の称号を贈ると伝えたのですが、夏目漱石さんは「自分には肩書きは必要ない」と仰ってして辞退された事が由来となり本日2月21日は漱石の日とされています。

かっこいいですね!

夏目漱石さんはお写真のその風貌からかっこいい紳士な方だとミカン思っておりましたが性格も男前です!

2月21日が漱石の日という事を知りその由来を知る事により改めて日本が誇る文豪夏目漱石さんの凄さを知りました。

何の日?2月21日|食糧管理法公布の日

何の日2月21日最後になります。

本日2月21日は食糧管理法公布記念日でもあります。

食料管理法公布記念日?

そんなのあったんだ?

という感じのミカンですがこの記事をお読みくださっている皆様方も何人かはミカンと同じように感じている方もいらっしゃるかもしれないですね。

結局なんなのかと言いますと・・・

1942年2月21日に「食糧管理法」(食管法)が公布されました。

米や麦などの食糧の生産や流通を政府が管理し、食糧の需給を安定させるのが目的との事で制定されました。

1995年に廃止され、代わって政府による管理を緩和した「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律」(食糧法)が施行されたそうです。

この事にちなんで本日2月21日は食糧管理法公布の日とされています。

ミカン『ふ~んそうなんだぁ』という感じですがとりあえず知っておこうかなという感じで良いかと思います。

ミカンは2月21日は漱石の日とそれだけは今後も覚えておくようにしました。

それではこの記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

また2月22日の何の日?でお会いしましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする