何の日?2月18日|【エアメールの日】【冥王星の日】

Pocket

何の日?2月18日|今日1日をミカンが解説します♪

何の日2月18日何の日?2月18日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます♪

蜜柑の缶詰のミカンです♪

この記事では

  • 何の日?2月18日
  • 何の日?2月18日|エアメールの日
  • 何の日?2月18日|冥王星の日

以上の項目に沿って2月18日という日1日をミカンがご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何の日?2月18日

何の日2月18日

≪今日は何の日 2月18日≫

日本には様々な記念日や行事があります。

そして毎日が何かの記念日や行事です。

あなたは今日が何の日かご存知でしょうか?

知って過ごすのも知らずに過ごすのも同じ1日ですが、今日が何の日か知ることにより同じ1日の過ごし方の中でも新たな発見があるかもしれませんね。

本日2月18日は【エアメールの日】【冥王星の日】です。

何の日?2月18日|エアメールの日

何の日2月18日

【エアメールの日】

1911年のこの日はインド北部ウッタル・プラデーシュ州の都市であるイラーハーバードで開かれた博覧会のアトラクションで6,000通の手紙が飛行機で会場から8㎞離れた駅まで運ばれたことにより、郵便物が初めて飛行機によって運ばれた日です。

この事により本日2月18日がエアメールの日と言う事になりました。

何の日?2月18日|冥王星の日

何の日2月18日1930年のこの日、アメリカの天文学者であるクライド・ウィリアム・トンボーがローウェル天文台のクライド・トンボーが冥王星を発見。

この事により本日2月18日が冥王星の日とされました。

ミカンは星が大好きです。

神話(星座)を読んだり、星がどのように発見されたなどいろいろと調べたりしています。

本日は【冥王星の日】ということなので【冥王星】についてお話したいと思います。

冥王星はミカンが学生で理科の授業を受けていた頃はまだ太陽系の惑星として扱われていました。

ミカンは水金地火木土天海冥と習った頃の学生でした。

しかし冥王星は2006年に太陽系の惑星から外されて準惑星という位置に降格となりました。

惑星から準惑星になる事が降格なのかどうかは解りませんが地球に住む人間の勝手な判断と勝手な呼び方の変更なので冥王星自体は痛くもかゆくもないでしょうが・・・

その準惑星になった理由としては

  • 横道面から大きく傾いている
  • 直径が2370㎞で地球の衛星の月よりも小さい
  • 冥王星の衛星のカロンの直径が冥王星の半分以上あり二重天体とみなされる

以上の理由により太陽系の惑星から準惑星と言う位置にされてしまったようです。

冥王星は太陽から凄く離れていることもあり氷の塊のような星で溶岩では無く氷を噴出するような火山?も発見されている大変興味深い天体なのです。

興味はあれど連れて行ってくれると言ってもミカンは絶対に行きたくはないですが・・・

今日は冥王星の日という事もあり少し冥王星についてお話させて頂きました。

今後も今日は何の日の記事は更新していくつもりですので今日は何の日だったかな?

と思った時は蜜柑の缶詰を開けてみて下さい♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Abhishek より:

    I’m very pleased to uncover this great site. I wanted to thank you for
    your time for this wonderful read!! I definitely appreciated every part of it
    and i also have you saved to fav to look at new things
    on your site.