何の日4月25日|国連記念日DNAの日など

Pocket

何の日4月25日|国連記念日DNAの日ギロチンの日

何の日4月25日国連記念日DNAの日ギロチンの日

何の日4月25日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。
 
蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪
 
この記事では本日4月25日が何の日かを
 
  • 何の日4月25日|国連記念日
  • 何の日4月25日|DNAの日
  • 何の日4月25日|ギロチンの日
 
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


何の日4月25日|国連記念日

何の日4月25日国連記念日DNAの日ギロチンの日

 

国連記念日

本日4月25日は国連記念日です。

1945年の4月25日、サンフランシスコで連合国50か国代表による国連憲章を作成するための会議が開幕しました。

この事に由来して、本日4月25日は国連記念日とされています。
 

何の日4月25日|DNAの日

何の日4月25日国連記念日DNAの日ギロチンの日

 

DNAの日

本日4月25日はDNAの日です。

1953年の4月25日、ワトソンとクリックによるDNAの構造に関する論文が発表されました。

この事から本日4月25日はDNAの日となりました。
 

何の日4月25日|ギロチンの日

何の日4月25日国連記念日DNAの日ギロチンの日

 

ギロチンの日

本日4月25日はギロチンの日です。

1792年の4月25日、フランスでギロチンが実用化されました。

当時はフランス革命後の恐怖政治により、毎日何百人もの人が処刑されていたのです。

そこで、内科医で国民議会議員だったジョゼフ・ギヨタンが、受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも全ての身分が同じ方法でできるような「単なる機械装置の作用」により行うよう議会で提言し、その案が採択されました。

外科医のアントワヌ・ルイが設計の依頼を受けて、各地の断頭台を研究し、刃を斜めにする等の改良を加えました。

このため当初は、ルイの名前をとって「ルイゼット(Louisette)」とか「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていました。

しかし、その後、この装置の人間性と平等性を大いに喧伝したギヨタンの方が有名になり、ギヨタンから名前をとった「ギヨチーヌ(Guillotine)」(ドイツ語読みで「ギロチン」)という呼び名が定着していきます。

フランスでは11981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなりました。

こういった経緯から本日4月25日はギロチンの日とされています。
 
以上が本日4月25日の何の日でした。
 
それではまた4月26日の何の日でお会いしましょう。
 
この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。
 
最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする