百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|2019年の登録を目指します

Pocket

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|地元民としては期待してしまいますね

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補にについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰のサイト管理人のミカンです♪

この記事では以前にミカンがこのサイトでパワースポットとして何度か取り上げさせていただきました堺市の百舌鳥古墳群が本日7月31日に2019年の世界文化遺産登録を目指し候補に大阪府が推薦して下さることが決まった事について

  • 百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|文化庁審議会に感謝
  • 百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|仁徳天皇陵古墳と応神天皇陵古墳がやはり目玉のようで
  • 百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|2019年の正式の登録に大きく期待

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|文化庁審議会に感謝

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補

世界文化遺産への登録を目指す候補として、文化庁の審議会は31日午後、大阪府にある
 
「百舌鳥・古市古墳群」
 
とすることを決めました。
 

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|仁徳天皇陵古墳と応神天皇陵古墳がやはり目玉のようで

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補

 
世界文化遺産候補として決まったのは、大阪府堺市にある仁徳天皇陵古墳や羽曳野市にある応神天皇陵古墳など、41の資産から構成される
 
「百舌鳥・古市古墳群」
 
です。
 
ミカンはこの周辺に住んでいた時期もあり、幼少期を過ごした町なので正直誇らしく思っております。
 
子どもの頃などは、仁徳陵古墳を見ても特に何も思いませんでしたが、このサイトにパワースポットとして記事を書くために主人と近場なので再度行ってきた時にはやはりその壮大さと、墓としてこれだけの土地とこの古墳を作る為に費やされた労力などに当時の天皇の権力の凄さを実感させられました。
 

百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補に|2019年の正式の登録に大きく期待

 
百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産への登録候補
百舌鳥古市古墳群は、天皇や当時の権力者の墓が古墳として大小が徒歩圏内で行ける範囲で、いくつも見ることが可能な群になっています。
 
その特徴としては、日本独自の形をした巨大な前方後円墳が数多く存在することや、周囲に濠がめぐらされていること、さらに埴輪が並べられ、祭祀の場が作られているなど古代日本の王の墓としての威容を誇っています。
 
王を頂点としたその時代の社会の階層構造が端的に表されていて、人類に共通する顕著な普遍的価値があると評価されたようですね。
 
7月31日に開かれた文化庁の審議会での決定を受け、日本政府として再来年の世界文化遺産登録を目指すことになります。
 
2019年に世界文化遺産として登録が認められることをミカンも地元民として心より祈っております。
 
【その他の百舌鳥古市古墳群関連記事】
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする