MIHOMUSEUMが桜の季節に開館です|開館20周年

Pocket

MIHOMUSEUMで桜に美術品と美を楽しむ|しだれ桜が最高♪

MIHOMUSEUM桜MIHOMUSEUMについてこの記事をご覧いただきありがとうございます♪

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

皆様は美術館に興味はございますか?

ミカンは美術品は詳しくは無いですがこのMIHOMUSEUMには1度行った事があり見事な自然の景色と知識は無いですがやはり1流の美術品という物は何となくパワースポットではないですがパワーを頂けた気になり大変有意義だったことを覚えています。

この記事ではMIHOMUSEUMが間もなく今年も開館という事もあり

  • MIHOMUSEUMの桜|お花見季節に美しい物を見るのも趣がありますよね
  • MIHOMUSEUM|古代オリエント美術の愉しみ
  • MIHOMUSEUM|和ガラスの美を求めて

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

国内ではまだあまり知名度の高くないMIHOMUSEUMですが海外の方々には世界三大美術館にもひけをとらないとの評価も頂いているらしく非常に美しい美術館ですので美術品もしくは美しい物そのものに興味があるかたへのご参考にすこしでもなれば嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MIHOMUSEUMの桜|お花見季節に美しい物を見るのも趣がありますよね

MIHOMUSEUM桜MIHOMUSEUMはその素晴らしい美術品の展示だけではなく今では桜の名所としても国内有数です。

今年の開館時期が2017年3月18日~2017年6月18日までとなっておりまして開館から1週間から2週間くらいの時期に行くと見事なしだれ桜に歓迎されながらの入館が可能です。

ミカンは長女がお腹に居る時に主人にお腹の子に綺麗なものでも見せてあげよう。

美に触れて美しい心の子が生まれて来てくれたら最高だねと言われ連れて行かれてこのMIHOMUSEUMを知りましたが美術品の知識が無く興味が無くても景色と空気感だけで十分楽しめましたしリラックスもできた記憶があります。

ミカンが1番覚えている美術品が銀のホルス神像という美術品がミカンがMIHOMUSEUMに行った時に展示されていてなんともいえない空気感を漂わせていてこれがそんなに凄い物なの?とミカンは思いましたが主人曰く中々お目にかかれる美術品ではないだそうです。

MIHOMUSEUM桜【銀のホルス神像】

MIHOMUSEUM

場所:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300 

アクセス:タクシー利用の場合:JR石山、瀬田、草津各駅より35分。

信楽高原鐡道 信楽駅より20分。

バス時刻表:JR琵琶湖線 石山駅発 ▶帝産バス【MIHOMUSEUM行】

平日:9:10 10:10 11:10 12:10 13:10

土日祝:9:10 10:10 11:10 12:10 13:10 14:10

MIHOMUSEUM発

11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:07 17:14

車の場合:新名神 信楽ICより15分。草津田ICより20分。

名神 栗東ICより30分。

名阪国道 壬生野ICより35分。

開館時間:10時~17時(入館は16時まで)

休館日:月曜日 3/20は開館。3/21、5/13、5/14は休館。

入館料:一般1100円。高校大学生800円。小中学生300円。

MIHOMUSEUM

MIHOMUSEUM|古代オリエント美術の愉しみ

MIHOMUSEUM桜2017年の開館ではMIHOMUSEUMは古代オリエント美術の愉しみというテーマでエジプトや中国の古代の美術品が展示されるようです。

主な美術品としてギリシアの紀元前3~4世紀の美術品のヘラクレス像や右翼精霊型ペンダント アケメネス朝ペルシア 紀元前4世紀の美術品などが展示されます。

MIHOMUSEUM桜

今年も海外の様々な古代の美術品が展示される予定です。

紀元前の美術品ばかりで遥か古よりの造形の魅力を感じるには十分すぎる66点のコレクションを楽しめます。

MIHOMUSEUM|和ガラスの美を求めて

MIHOMUSEUM桜2017年の日本の美術品は和ガラスの美を求めてのテーマのごとく日本の瓶泥舎のコレクションになります。

藍色ちろりや型吹き黄色菊文鉢など江戸時代の工芸品が数多く展示され日本有数の江戸時代のガラスコレクションが計180点。

美しいガラスを楽しめます。

MIHOMUSEUM私は古代の海外の美術品の造詣の奥深さにも興味がありますが実はこの日本の江戸時代のガラスの美しさを一目見てみたいと思っております。

2017年のMIHOMUSEUMは主人と子供と一緒にこのガラス工芸を楽しめたらなと思っております。

日本の方のみならず海外の方にも是非MIHOMUSEUMに行かれる際のご参考に少しでもして頂きますと嬉しいです♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Suevonne より:

    We need more inthsigs like this in this thread.

  2. Shaun Scroggs より:

    Attractive section of content. I simply stumbled upon your web site and in accession capital to claim that I get in fact enjoyed account your weblog posts. Any way I will be subscribing for your feeds and even I achievement you access constantly quickly.