貴族探偵4月17日21:00からフジテレビにて放送|原作を読んでみて


貴族探偵4月17日21:00からフジテレビにて放送|相葉雅紀さん主演

貴族探偵摩耶雄嵩相葉雅紀中山美穂ドラマフジテレビ月9貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰のミカンです♪

相葉雅紀さん主演の貴族探偵が明日よりフジテレビで夜の9時より始まります。

いわゆる月9ドラマですが、今回の貴族探偵は元々、麻耶雄嵩さんの小説【貴族探偵】が原作なのですね。

ミカンも気になってみて貴族探偵と貴族探偵対女探偵を読んでみましたのでこの記事では貴族探偵の方の感想から

  • 貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|相葉雅紀さん合うと思います
  • 貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|キャスティングに人物紹介
  • 貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|ドラマは完全オリジナルか?原作との違い

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|相葉雅紀さん合うと思います

貴族探偵麻耶雄嵩相葉雅紀中山美穂井川遥相武咲ドラマフジテレビ月9貴族探偵を読んでみて思ったことは、貴族探偵・・・探偵じゃないじゃないのよ!(笑)

でした。

貴族探偵は貴族探偵と貴族探偵対女探偵の2冊の小説から成る話なのですが、フジテレビの公式ページを見た感じ第2部になる貴族探偵対女探偵からしか出てこない登場人物も第1話から登場するみたいなのでドラマはオリジナル感が強そうですね。

貴族探偵の原作では、一編づつ事件が解決していくのですが、毎回毎回、警察上層部に顔が利く?貴族探偵(名前は出てこないです)が無理やり事件に首を突っ込んできて、現場の警察の方に不審者や邪魔者扱いされるのですが、電話1本入れると(自分ではせずにその時に連れている執事やメイドにさせますが)現場の警察が、電話の向こうの圧力(警察上層部?)に負け、貴族探偵の捜査協力を無理やり認めさせられます。

そして推理も自分が動かずにいつも現場の中でも優雅な場所でのみくつろぎ、動くのは執事やメイド。

そして挙句の果てには推理して真相を暴くのも執事やメイドなのです。

貴族探偵はこんな話が毎回毎回1事件づつ完結していきます。

小説内での貴族探偵の描写も、20代の男性で高スーツを着こなし、話し方も礼儀作法は出来ているがどこか偉そうな感じの本当に昔の貴族を思わせるような立ち振る舞い。

でもその姿が似合っているので最初は現場に違和感があっても、最後は周囲の人間もその貴族探偵の空気に巻き込まれそれが普通になってゆくという感じで、描写の仕方からも貴族探偵はイケメンさんを想像させられます。

高貴な感じが漂う貴族探偵の役は相葉雅紀さん合っているなと思いました。

貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|キャスティングに人物紹介

貴族探偵麻耶雄嵩相葉雅紀中山美穂井川遥相武咲ドラマフジテレビ月9

ドラマ貴族探偵のキャスティングと登場人物紹介

貴族探偵(相葉雅紀)・・・年齢や名前など彼の素性は一切不明で、上流階級の出身と言う事と、警察上層部ですら彼の道楽に付き合わされるほどの力を持っているという事しか解っていない。暇すぎるから探偵をしているという、なんとも金持ちの道楽にしては度が過ぎると思われるが、彼の執事やメイド、ドライバーには非常に優秀な本物の探偵?がいるので事件はいつも見事に解決する。執事の山本をはじめメイドの田中など彼の従者たちは貴族探偵を御前と呼んでいる。

山本(松重広)・・・貴族探偵の執事。原作では貴族探偵の第1話ウィーンの森の物語に登場して見事に事件を解決した。若い人にも丁寧な言葉で話す貴族探偵以上に紳士な部分があるように感じられる。事件の推理をするときの前置きの長さを第1話で貴族探偵に突っ込まれていたがドラマではどうなるのか?

田中(中山美穂)・・・貴族探偵のメイド。山本同様に卓越した推理力を持ち、貴族探偵に代わり事件を解決する。第2話トリッチ・トラッチ・ポルカから登場。見事事件を解決した。ミカンは第3話のこうもりも田中さんが解決したのですが個人的にこの第3話こうもりが1番面白かったです。原作ではあまり表情は出さずにサバサバした感じで事件を解決する。原作では20代前半位の若い女性と描かれていたが、このメイド田中役を中山美穂さんが演じるという事でドラマではどのように原作とのキャラの違いを演出するのかも楽しみの1つ。

佐藤(滝藤賢一)・・・貴族探偵の運転手。山本、田中同様、貴族探偵に代わり事件を推理操作する運転手の佐藤。貴族探偵第4話加速度円舞曲から登場する。

喜多見切子(井川遥)・・・探偵。貴族探偵の元ライバル?で今は高徳愛香の師。原作では2冊目の貴族探偵対女探偵から登場。ドラマでは第1話から登場予定。

高徳愛香(武井咲)・・・現役の探偵。原作では2冊目の貴族探偵対女探偵から登場するが探偵としてもまだ未熟。喜多見を師と仰ぐ。

あとは謎の人物として仲間由紀恵さんや刑事役として生瀬勝久さんも登場されるみたいで凄いキャスティングだなとミカンも非常に楽しみにしています。

貴族探偵4月17日21:00よりフジテレビにて放送|ドラマは完全オリジナルか?原作との違い

貴族探偵麻耶雄嵩相葉雅紀中山美穂井川遥武井咲ドラマフジテレビ月9ドラマの貴族探偵は完全にオリジナルのストーリーになるのでしょうか?

ミカン個人的には貴族探偵第3話のこうもりをドラマで見て見たかったのですが、ドラマでは第1話から女探偵の高徳愛香も登場するようなことをフジテレビの公式にも書かれていたし、ストーリーはオリジナルとなりそうですね。

そしてメイドの田中役を中山美穂さんにしたのも原作の田中との年齢の違いからどのようなキャラの田中が見れるのかも楽しみです。

ミカン、リバースでも原作との違いがかなりありそうなので、小説を読んでもドラマが楽しみだなと思わされましたが、この貴族探偵はリバース以上に小説との違いがありそうで、その違いの部分を楽しめそうです。

貴族探偵も1話1話このサイトでは感想をご紹介させて頂く予定でおります。

それでは明日の21:00を楽しみにしております。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【貴族探偵関連記事】

貴族探偵第1話感想と原作との違いあらすじご紹介

月9ドラマ貴族探偵第2話感想|やはり愛華の師匠は亡くなっている!?