月9ドラマ貴族探偵第2話感想|やはり愛華の師匠は亡くなっている!?


月9ドラマ貴族探偵第2話感想|完全オリジナルのストーリーでした

月9ドラマ貴族探偵第2話感想月9ドラマ貴族探偵第2話感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では月9ドラマ貴族探偵第2話感想から

  • 月9ドラマ貴族探偵第2話感想|第2回は完全オリジナルストーリーでした
  • 月9ドラマ貴族探偵第2話感想|メイドの田中さんのワイドショー並みのパネルが面白いです♪
  • 月9ドラマ貴族探偵第2話感想|やはり原作通り高徳愛華の師匠は亡くなっている?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月9ドラマ貴族探偵第2話感想|第2回は完全オリジナルストーリーでした

月9ドラマ貴族探偵第2話感想

月9ドラマ、相葉雅紀さん主演の貴族探偵の第2話は、ドラマ用の完全オリジナルのストーリーでしたね。

原作の中には似たような話もありませんでした。

それだけに貴族探偵第2回は凄くおもろかったし、貴族探偵対女探偵を読んでいたミカンも楽しめました。

貴族探偵第2回あらすじ

貴族探偵に女探偵と呼ばれている、高徳愛香(武井咲さん)が、編集者・日岡美咲(紺野まひるさん)とともに、人気ミステリー作家・厄神春柾(大和田伸也さん)の別荘に向かうシーンから始まります。

厄神先生が、探偵に取材したいとのことで、愛香は招かれました。

ですがその道中、いきなりの落石で2人が乗る車も間一髪!

何とか落石に当たらずには済んだものの、道が塞がれて先に進むことができなくなりました。

そしてその落石のあった山道から逸れた所に何故か貴族探偵(相葉雅紀)が簡易キャンプを張っていました。

またもや貴族探偵と出くわしてしまった高徳愛華。

石は、何者かによって落とされた形跡があったことから、文句を言いに行こうと貴族探偵は日岡美咲誘います。

その石のあった屋敷は、厄神の別荘で貴族探偵が美咲の制止もおかまいなしに厄神の書斎に入ると、そこには厄神の撲殺遺体が横たわっていたのです。

別荘に出入りできた人物が容疑者であり、その容疑者は4人、編集者の美咲、松尾早織(豊田エリーさん)、滝野光敏(丸山智己さん)、厄神の妻である令子(横山めぐみさん)であると愛華は推理します。

愛香は、死亡推定時刻と、落石時間のそれぞれにしかアリバイのない美咲、早織が共犯であると推理します、貴族探偵はその推理に美しい女性が犯人であるはずがないと異論を唱えます。

今回愛華に推理を任せていた貴族探偵ですが、愛華には実績が無く前回のように失敗した時の為に、使用人の田中(中山美穂さん)にも推理のための捜査を命じていました。

田中は皆の前で推理を披露します。

犯人は不倫関係にあった滝野と令子であり、浮気現場を見られて修羅場となり、令子が厄神を撲殺してしまったという推理。

その現場は本宅であり、ベッドごと遺体を別荘に運び、殺害場所が別荘であると偽装したとの推理で令子は犯行を認めますが滝野は言い逃れしようとして貴族探偵に説教を受けます。

貴族探偵の第2回はこんな感じのストーリーでした。

月9ドラマ貴族探偵第2話感想|メイドの田中さんのワイドショー並みのパネルが面白いです♪

月9ドラマ貴族探偵第2話感想ミカンが貴族探偵第2回目で既に次回も楽しみになってきているのが、メイドの田中さんの捜査情報をまとめたパネル。

まるでテレビ番組のワイドショー並みの出来の良さで、ミカン的にはドラマ版貴族探偵の見どころの1つでもあります。

それにドラマ貴族探偵は、仲間由紀恵さんが声だけで出演されているスマホの音声サービスのギリも面白いです。

今後も愛華はスマホの音声サービスを多用しそうですし、仲間由紀恵さんのギリの声は聞けそうですね。

もっと本来のスマホの音声サービスでは言わないようなドラマならではのセリフも言わせて欲しいですね。

例えばギリにツッコまれてしまう愛華とか(笑)

結構コメディタッチに仕上がっているのでそんな面白い演出があっても良いかと思います。

月9ドラマ貴族探偵第2話感想|やはり原作通り高徳愛華の師匠は亡くなっている?

月9ドラマ貴族探偵第2話感想第1回貴族探偵の時も第2回の時も愛華は最後に事務所?で師匠の喜多見切子(井川遥さん)ですが原作では男性で既に亡くなっているのですが、ドラマ版でも実は既に亡くなっているのでは?

とミカンは第1回第2回のラストのシーンを見ていて感じました。

愛華が話しかけている最中に不自然に消えますよね。

これは愛華が敬愛する師匠をまだ自分の中では生きていて1人ごとのように師匠に話しかけていて、その愛華が見ている幻影を井川遥さんが喜多見切子役として演じているのでしょうか?

第2回のラストのシーンで愛華が1年前の・・・

というような話をした時に病院の搬送ベッドのようなものが映っていましたが、それが喜多見切子?

その時に亡くなってしまっている?

そんなことを感じながら第2回の貴族探偵の放送を見ていました。

まだわかりませんがドラマ貴族探偵は、原作を読んでいるからこそより楽しめますね。

第2回冒頭で貴族探偵が言っていた、原作は面白くてもドラマや映画になると面白くなくなるはこのドラマには当てはまらないですね。

第3回貴族探偵の放送も凄く楽しみにしています。

それでは月9ドラマ貴族探偵第2回感想は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

【その他の月9ドラマ貴族探偵関連記事】

貴族探偵4月17日21:00からフジテレビにて放送|原作を読んでみて

貴族探偵第1話感想と原作との違いあらすじご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Layla Turkus より:

    You made some decent points there. I looked on the internet for the topic and found most people will approve with your site.