iDeCo個人型確定拠出年金|3つのメリットに2つの注意点


iDeCo個人型確定拠出年金|2017年1月から専業主婦も対象に

iDeCoイデコ個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰のミカンです♪

ミカンはファイナンシャルプランナーの資格も取得しましたが、そのあとも仕事のためと言うよりは家庭の為に、関連知識の補てんは行っています。

その中でも今後は気になるべき社会保障についてシリーズでご紹介させて頂きたいと思いました。

この記事では2017年1月から専業主婦や公務員の方々にも対象となったiDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金について

  • iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金とは?
  • iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金|2つの注意ポイント
  • iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金|3つのメリット

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

iDeCoって聞いた事あるけど実際にはなんなんだろう?とかおぼろげにはわかっているけど実際にはどんなことなの?と思われている方には少しでもご参考にして頂きますと嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金とは?

iDeCoイデコ個人型確定拠出年金今後公的年金だけでは老後の資金が不足すると言われていますし、事実そうだと思います。

ミカンの親世代、団塊の世代の方々にはまだまだ余裕のある年金が支給されていましたが、その少し下の世代の方々には事実もう、年金額が減らされたりと、悲しいお話も耳に入ってきます。

現役世代には今後の老後に備えて、年金の不足を準備しておかなければいけないという時代になってきたのです。

その大きな1つの方法がこのiDeCo(イデコ)です。

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金とは?

iDeCoの仕組み

iDeCoとは毎月決まった金額を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後の備えをする私的年金の事です。

日本の年金制度は、国民年金、厚生年金保険の公的年金と企業型年金等が組み合わさった仕組みになっています。

簡単に説明すれば、iDeCoとはこの公的年金に上乗せが出来る年金なのです。

加入対象者と拠出限度額

自営業者など・・・6,8000円

会社員・公務員など

企業型年金などに加入していない人・・・23,000円

企業型年金のみ加入している人・・・・・20,000円

企業型確定拠出年金を除く企業型年金などに加入している人、および公務員、私学共済制度に加入している人・・・・・・・・・・・・12,000円

専業主婦(夫)など・・・23,000円

掛ける金額については、5,000円以上、1,000円単位で任意に設定できます。

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金|2つの注意ポイント

iDeCoイデコ個人型確定拠出年金iDeCoに加入するにおいて、知っておかなければと思う注意ポイントを2点ほど挙げさせて頂きます。

  • 60歳までは引き出せない
  • 加入期間によっては60歳で受給できない事もある

以上の2点は知っておいた方が良い事柄になります。

60歳までは引き出せない

iDeCoは老後の生活費を目的とした積み立てになるので、60歳になるまでは引き出せません。このため、住宅購入の資金にあてることや、お子様の大学入学費用や学費に等あてることが出来ませんので注意が必要です。

加入期間によっては60歳で受給できない事もある

加入期間が、10年に満たない場合は、支給開始年齢が異なってきます。

8年以上10年未満・・・61歳

6年以上8年未満・・・・62歳

4年以上6年未満・・・・63歳

2年以上4年未満・・・・64歳

1か月以上2年未満・・・65歳

以上が10年未満の加入期間の場合の受給開始年齢です。

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金|3つのメリット

iDeCoイデコ個人型確定拠出年金iDeCoには税制上のメリットもあります。

ここではiDeCoに加入するメリットをご紹介いたします。

  • 所得税・住民税の節税効果
  • 資産の運用益は非課税
  • 給付金を受ける時税制優遇

以上の事などが挙げられます。

それでは1つづつ掘り下げてみます。

所得税・住民税の節税効果

iDeCoは、掛け金が全額、所得控除になります。

例えば、毎月の掛け金が1万円の場合、所得税と住民税が年間3万6000円軽減されます。

(所得税率20%+住民税率10%の場合)

資産の運用益は非課税

iDeCoの口座内の売買益、利息や配当等は全額非課税になります。

ちなみに通常の運用益は、源泉分離課税20.315%がかかります。

給付金を受ける時税制優遇

給付金を一時金として受け取る場合は、退職所得控除、年金として受け取る場合は、公的年金控除が受け取られます。

以上がiDeCo(イデコ)についてのご紹介にメリットデメリットでした。

高齢者社会が進む中、私たちが高齢者と呼ばれる頃には、老後の生活も年々大変になっていき、どのような状況になっているかは正直想像もつかないですが、その時の為に今から準備をしておくだけでも安心はできますよね。

その為には、iDeCo、個人型確定拠出年金なども大きなツールの1つに成り得ると思いますので是非、安心した老後を想像するためのご参考の1つにして頂ければ嬉しいです♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。

【その他の社会保障制度関連記事】

仕事子育て両立支援|児童扶養手当の増額について

出産についての公的補助|出産育児一時金など

産休中の社会保険料について|産休育休は働く女性の権利

育児介護休業法改正点|2017年1月1日より施行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする