ハロー張りネズミ第3回感想|蘭子という女後編


ハロー張りネズミ第3回感想|蘭子が今後も出てきそうで嬉しいですね♪

ハロー張りネズミ第3回感想

ハロー張りネズミ第3回の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では金曜ドラマハロー張りネズミの第3回【蘭子という女後編】の内容と感想から

  • ハロー張りネズミ第3回感想|ミナミのタフさに良かったという思いと少し笑ってしまいました
  • ハロー張りネズミ第3回感想|グレ頑張る!意外に強いので頼もしく思いました
  • ハロー張りネズミ第3回感想|事件はひとまず解決?蘭子の今後は・・・

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハロー張りネズミ第3回感想|ミナミのタフさに良かったという思いと少し笑ってしまいました

ハロー張りネズミ第3回感想

ハロー張りネズミ第3話は第2話【蘭子という女前編】の続きです。

五郎(瑛太さん)と蘭子(深田恭子さん)が蘭子の父、サンダー貿易の四俵副社長が殺された件に関しての重要資料を探してくれるように依頼していたミナミ。

しかしミナミの事務所が何者かに爆破されてしまったところで、前回は続きとなりました。

ミカンはミナミはてっきりあの至近距離での爆破なので重症だと思っていましたが、なんと事務所のあるテナントビルからタンカに乗せられ運ばれてきたのは管理人さん。

ミナミは軽傷で済んでいました。

なんと散らかり過ぎていた事務所のゴミ山がバリゲードになり爆風を直撃せずに済んだとの事。

ミカンはミナミのタフさというかしぶとさに笑ってしまいました。

五郎と蘭子は爆破を起こした犯人は、証拠を消そうと考えている舞原と蔵元だと思います。

そして蘭子はあかつき探偵事務所にグレとともに来ていた、仲井に会い蘭子の下に父が殺されたときの録音のCD-Rを送ったのが仲井であると知りました。

仲井は当時は、自分も四俵副社長(蘭子の父)のように殺されるのが怖くて、明るみにできなかったと蘭子に謝る。

しかし、実家に帰ってから不慮の事故で子ども2人と奥さん亡くしてしまい、1人になりやはりこのままではいけないと思い動き出したとの事。

そんな話をしている中、ミナミが資料を持ってやってきて、ここに居る人間全員狙われている可能性があり危険で、ミナミ自身の事務所の次はここが狙われるというもっともなアドバイスをする。

五郎、所長(山口智子さん)、グレ(森田剛さん)、蘭子それに仲井にミナミは各それぞれ別々にホテルや隠れ家的な場所に身を打ちし一時的に避難することに。

その間に、この資料をマスコミにリークしようと言う作戦になりました。

ハロー張りネズミ第3回感想|グレ頑張る!意外に強いので頼もしく思いました

ハロー張りネズミ第3回感想

そんな中、グレは一旦、あかつき探偵事務所に戻ります。

鍵をあけると事務所内は、凄く散らかされていて、清掃員の格好をした男が1人います。

グレは即座に、自分たちを狙い、四俵副社長を殺したのが舞原で、それに蔵元大臣が関与していたという証拠の資料を探しに来た男だと察する。

そして格闘になります。

相手は雇われたプロのような男なので、ミカン、グレは大ピンチだと思いましたが、グレが意外に格闘慣れしていてさすが探偵だと思わされました。

かなりの長い時間2人は格闘を続けますが、最後はグレがカッターで男の手を突きさすと男は拳銃を出してきてグレに向かい発砲して逃げていきました。

結構けがは負わされましたがグレはなんとか無事で、すぐに五郎に電話をして次は蘭子さんが狙われるから気をつけてくれと伝えます。

案の定、ホテルでシャワー中の蘭子の所に、グレを襲った男は現れました。

エアコン定期清掃と言い蘭子を騙し襲い掛かる男。

それと同時にホテルに到着する五郎。

次は五郎と男の格闘になります。

それと同時進行で仲井は舞原の所に来ていました。

仲井は、四俵副社長を殺した証拠の資料を渡す代わりにサンダー貿易に自分を復帰させるように舞原に持ち掛けます。

ミカンはまさか?仲井は裏切者なの?と一瞬焦ってしまいました。

ハロー張りネズミ第3回感想|事件はひとまず解決?蘭子の今後は・・・

ハロー張りネズミ第3回感想

五郎はなんとか格闘の末、蘭子を守り切りホテルの屋上から五郎と男は同時に転落したように見えましたが、五郎は何とか無事でした。

そしてその屋上から蘭子と五郎に見える、サンダー貿易の舞原の部屋では、実は取引を持ち掛けた仲井のそれは芝居で舞原の自白を誘引するものでした。

そして仲井に銃を向けられた舞原は、蔵元大臣の指示だと言い逃れしようとするが結局は仲井に射殺されてしまいます。

結局仲井は警察に逮捕されました。

舞原は死んでしまい、蘭子の無念は晴れたように見えますがまだ大臣の蔵元が残っています。

しかし大手探偵事務所の帝国リサーチの所長からあかつき探偵事務所の所長にこの辺で調査を打ち切るように連絡が入ります。

悪態をついていた所長ではありますが、現職の大臣を相手取るのはさすがに厳しいのか、この件はこれで終わったようにも見えます。

そして蘭子と離れ離れになるのが寂しそうな五郎。

蘭子は今は六本木のホステスをしているということで今の仕事を辞めたいとも言っていたがまた会えるよね?という五郎に意味深な笑顔だけを向けて立ち去る蘭子。

そして翌日あかつき探偵事務所に出勤した五郎は蘭子があかつき探偵事務所で勤務することになったことをしり固まります。

ハロー張りネズミ第3話はここで終わりで次回、ハロー張りネズミ第4回file3【ママ寂しかったの】に続くのでした。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

【その他のハロー張りネズミ感想記事】

ハロー張りネズミ第2話蘭子という女前編感想|深田恭子さんは最近いつも素敵な役が多いですね

ドラマハロー張りネズミ第1話感想|代理娘

ハロー張りネズミ第4話感想|File3ママ寂しかったの前編

ドラマハロー張りネズミ第5回感想|File3ママ寂しかったの後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする