ハロー張りネズミ第6話感想|File4死者からの手紙

Pocket

ハロー張りネズミ第6話感想|今回は結構酷い話でした

ハロー張りネズミ第6話感想
ハロー張りネズミ第6話感想についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事ではTBSの金曜ドラマ【ハロー張りネズミ】第6話File4死者からの手紙の内容と感想から

  • ハロー張りネズミ第6話感想|五郎宛てに亡くなった浅田玲奈という女性から手紙が
  • ハロー張りネズミ第6話感想|これまでの調査結果から
  • ハロー張りネズミ第6話感想|真相は・・・?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハロー張りネズミ第6話感想|五郎宛てに亡くなった浅田玲奈という女性から手紙が

ハロー張りネズミ第6話感想

ハロー張りネズミ第6話は、五郎宛てに亡くなっている浅田玲奈さんという女性から手紙が届くシーンから始まります。

手紙の内容は、この手紙が届くころには、既に自分は亡くなっている事。

自分を殺した犯人の名前が、自分の部屋の写真立ての裏に記されている事。

そしてこれは自分を殺した相手への復習であることなどが書かれていました。

五郎は、手紙に書かれてあった通り、浅田玲奈の家を訪ねてみるがやはり浅田玲奈は亡くなっていた。

そして警察が来て、調べによると死後2~3週間は経過しているとの事。

五郎は警察の目を盗み、上手く写真立ての裏にあったメモを取り出し、事務所に戻る事に成功します。

玲奈のメモには

【伊佐川良二】という男が自分を殺した犯人だと書かれていました。

しかし、お金のニオイがしないと所長は、この案件は取り扱わないと言いますが、この伊佐川良二を調べてみると、現在県議会議員に立候補中の、【いさかわ良二】であことがわかり、所長は早速、五郎、グレ、蘭子に指示を出し始めます。

五郎はまず、伊佐川良二の顔を見に行くと、街頭演説中の伊佐川を見に行くことにします。

蘭子は浅田玲奈が勤めていたホステスクラブのママさんへ聞き込みに行きます。

グレは、何故死後2週間も手紙が届かなかったかの謎を解くために郵便ポストへ向かいました。

ハロー張りネズミ第6話感想|これまでの調査結果から

ハロー張りネズミ第6話感想

蘭子は、ホステスクラブのママから、玲奈には彼氏らしき人はいないが【好きな人】はいたみたいとのこと。

グレは、郵便局員を捕まえて2週間前に1日だけポストの鍵を無くしてしまっていたことを知る。

蘭子はさらに調査を続け、夜の店のスカウトマンを訪ねて、浅田玲奈の今までに働いていた店の経歴をしることが出来ました。

その中で、玲奈の容姿が今と昔では全くの別人である事を知ります。

一方五郎は出版社を装い、伊佐川の出身校へ聞き込みに行きました。

そこで伊佐川と、浅田玲奈が高校時代の同級生であったことを知ります。

これまでの調査結果

手紙の謎・・・ポストの天井にテープが貼られていたが、それをどう使ったかが不明。

別人の玲奈・・・別人か同一人物かは現状不明。

五郎は浅田玲奈の実家に行き仏壇を拝みに行きます。

そして両親の話しから、玲奈は整形をしていた事がわかり、亡くなった玲奈=浅田玲奈という事が確実になりました。

そして、五郎は浅田玲奈の遺品から玲奈の日記をみつけ、高校時代からの浅田玲奈と伊佐川の関係を知るのでした。

ハロー張りネズミ第6話感想|真相は・・・?

ハロー張りネズミ第6話感想

そんな時、選挙当日、もう当選を間近に控え、伊佐川良二は意気揚々としていました。

五郎はそんな伊佐川を訪ねて、単刀直入に『浅田玲奈さんを殺しましたね』と聞きます。

  • 浅田と伊佐川は高校時代3年間同じクラス。
  • 浅田は片思いしていたが、高3の時に伊佐川からいきなり告白。
  • その時伊佐川は好きでもない浅田と付き合う事にした。
  • 伊佐川は将来のビジョンをその時から画いていて、政治家に立候補するために名前を売るボランティア活動はお金にならないので、浅田に夜働かせ生計をたてていた。
  • 利用しつくした浅田をいきなり切ったのは、もっと強力なスポンサーが現れその娘と結婚することになったから。
  • しかし別れをこばむ浅田に今までの事をバラすと言われ殺した。

五郎の調査結果と推理を聞き、大笑いする伊佐川。

伊佐川は、正直に話すと言い、浅田玲奈とは付き合ってもいたし、水商売をさせお金を貢がせてはいたが、殺してはいない、しかし殺す気はありあの日訪ねたら勝手に死んでいたとさらに大笑いする。

五郎は全く悪びれもしない伊佐川に対して怒りがこみ上げてきます。

そして浅田玲奈の本当の復習の意味に気づくのでした。

浅田玲奈は、伊佐川に殺されることを悟っていて、伊佐川が来る日に自殺していたのです。

そして訪ねてきた伊佐川は自分の事を人として弔ってくれるかという事を試したのです。

伊佐川が今までの事を悔い、玲奈を弔っていたら手紙が届くころには、玲奈の葬儀も終えており、五郎がここ(伊佐川の選挙事務所)に来ることもなかったのです。

しかし、人間として大切な部分が欠如している伊佐川は、玲奈を放置しました。

その報いに五郎に選挙事務所に乗り込まれ、このことを五郎は、警察にではなくマスコミに売ると言い事務所を去りました。

浅田玲奈の復習は見事に完了しました。

そしてポストの謎は、ポストの天井に貼っていた、テープにはナスタリン(防虫剤)が貼られていてそこに手紙を挟んでいて、防虫剤が溶けていった2週間後に手紙が落ちて、五郎の元に届くと言うトリックでした。

以上がハロー張りネズミ第6話File4死者からの手紙の内容でした。

ミカンは伊佐川という人間に五郎と同じく怒りしか湧きませんでしたが、最後に当選当日にマスコミに悪事の情報を売られると言う天国から地獄を味わい少しはスッキリしましたね。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他のハロー張りネズミ感想記事】

ドラマハロー張りネズミ第5回感想|File3ママ寂しかったの後編

ハロー張りネズミ第4話感想|File3ママ寂しかったの前編

ハロー張りネズミ第3回感想|蘭子という女後編

ハロー張りネズミ第2話蘭子という女前編感想|深田恭子さんは最近いつも素敵な役が多いですね

ドラマハロー張りネズミ第1話感想|代理娘

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする