ハロー張りネズミ第4話感想|File3ママ寂しかったの前編

Pocket

ハロー張りネズミ第4話感想|本物の幽霊!?が今回の相手です!

ハロー張りネズミ第4話感想蒼井優

ハロー張りネズミ第4話【File3:ママ寂しかったの前編】の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では8月5日放送のハロー張りネズミ第4話の内容と感想から

  • ハロー張りネズミ第4話感想|今回の依頼人は漫画家の北村アキコ
  • ハロー張りネズミ第4話感想|成都大学教授梶谷はあえなく撃沈!
  • ハロー張りネズミ第4話感想|霊能者「かわいせつこ」の力に頼る事に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハロー張りネズミ第4話感想|今回の依頼人は漫画家の北村アキ

ハロー張りネズミ第4話感想蒼井優ハロー張りネズミ第4話に依頼人は、有名漫画家の北村アキコ(内田慈さん)さんです。

依頼内容は、「家の中にに誰かいるんです」との内容で、現在5歳になる「ななえ」という娘と杉並区に2人で住んでいて、2年前に主人とは離婚しているとの事。

漫画かという職業柄、夜遅くなることも多く、そんな生活を送っていたある夜の遅くなった日、帰宅は11時くらいになったが、帰宅するとなんと北村はいなかったのに、夕飯のオムレツがが作られていて、ななえは半分ほどまで食べている。

自分の描いたような、ななえと自分のような絵まで描かれていてななえに聞くと

「ママが作ってくれた。ママが描いたと」言い張り、そんなわけが無いので北村はななえに強く詰め寄るがななえはママがやったと泣きながら説明するとの事。

北村は家のセキュリティも完璧なので、他人が侵入することは考えにくいと言う。

話を聞いていた、五郎とグレ。

グレは幽霊の仕業だ俺はこういうのは苦手と言い乗り気ではないが、五郎は漫画家北村アキコのファンなので引き受ける事に。

仕事部屋は少し自宅とは離れたところの一室で、五郎と北村はななえが自宅で過ごす一室にカメラを仕掛けて、仕事部屋にて監視をすることにする。

そしてまた北村アキコが仕事部屋に缶詰になる日、五郎が監視していると、ななえが居る部屋のドアが1人でに開くと、ななえがママと呼びかけながら会話をしている。

しかし驚く五郎と北村にはななえと会話する相手の姿が見えずに、そのまま監視をしていると何とななえがママ抱っこしてというと、ななえが宙に浮きあがり誰かに抱かれているように見えるが、五郎と北村が見るカメラにはななえが1人宙に浮いているように見えます。

驚きながらすぐに自宅に向かう2人。

北村は半狂乱で、ななえにだれと話していたの!誰がいたの!と詰め寄りますが、またななえはママがいたじゃないの!どうして自分のしたことをそんなふうに言うのと泣き出してしまいます。

事務所に戻り、その映像を所長やグレ、蘭子にも見せるが完全に意味不明でお手上げ状態の五郎。

そんな中蘭子からある提案がされました。

ハロー張りネズミ第4話感想|成都大学教授梶谷はあえなく撃沈!

ハロー張りネズミ第4話感想蒼井優

蘭子の提案は、前日に所長と2人で食事に行った帰りに出会った、成都大学の教授で子育ての研究をしている梶谷という男に相談に行くという事でした。

五郎は依頼人の北村と蘭子とともに、梶谷を訪ねます。

梶谷は、五郎が見せたななえちゃんが1人でママと話をする録画の映像を少し見せただけで、わかりました。

と言い理由は母親に早く帰ってきて欲しい、早く会いたいと言うストレスからこのように架空の母親を作り出している。

料理にしても絵にしてもななえ自身が描いたもので怪奇現象の類ではない。

1度ななえに会わせて欲しいと言い、北村家に行くことになります。

ななえと話した梶谷は、やはりママに会いたいだけのストレスで架空のママを作り出したものだと断定する。

子どもには時に凄い力を発揮することがあるんだと、五郎と北村に話す梶谷。

そして北村家でお手洗いを借りると言い、2階にあるお手洗いに行った梶谷に、何者か?(大きな怪物の手のように見えるもの)が襲い掛かり頭部に大けがを負う梶谷。

「手が・・・」

という言葉を残し救急搬送されてしまいます。

五郎が聞いた梶谷からの情報は

「大きな手に頭を掴まれて、投げ飛ばされた」

という証言を残しているとの事。

五郎はいよいよ科学ではどうしようもないと思い始めて、ミナミに相談に行き、ミナミの知る中で1番凄いと思う霊能力者を紹介してもらうことになりました。

ハロー張りネズミ第4話感想|霊能者かわいせつこの力に頼る事に

ハロー張りネズミ第4話感想蒼井優

ミナミが紹介してくれた霊能者は、かわいせつこ(蒼井優さん)という若い女性霊能者で、凄く軽いノリのとても霊能者には見えない可愛い女の子。

その、かわいと五郎は再度、北村宅を訪問します。

かわいは、北村宅に着いてすぐ、五郎に小声で「あの子凄いですよ・・・」とななえを指してそういいます。

梶谷が襲われた部屋も、教えてもらう前に言い当て、霊能者としての力は相当なものを感じます。

家をひととおり見て回った、かわいせつこは、五郎に

「最初は地縛霊のようなものかと思っていたけど、これはとんでもない・・・2人にはすぐにこの家を出て行ってもらいましょう」

そういい、北村とななえは北村アキコの仕事場に一時避難することになります。

それと私1人では太刀打ちできないほど危険な相手なのでという理由で五郎への協力も仰ぐかわいせつこ。

結構重い内容なのですが、全て明るく楽しそうに話すかわいせつこの口調からは、大したことではなさそうに感じるが、結構な事が起こっている北村家。

北村とななえが家を出ると早速家を調べ始める五郎とかわい。

かわいがある柱に目をつけ、この柱が原因と言い、カバンを取りに行くと一時和室を離れている間にその柱から、あの梶谷を襲った大きな手が現れ五郎を襲います。

カバンを取り戻ってきた、かわいせつこが護符により一時しのぎで大きな手を、追い払うが、この護符では3日間が限度と言い結構力を使ったからと言い寝てしまいました。

その頃北村の仕事場で寝るななえが映されたが、ななえの足から見えるあざはいったい何が原因でついたものなのでしょう?

ハロー張りネズミ第4話File3ママ寂しかったの前編はここで終わり、ハロー張りネズミ第5話File3ママ寂しかったの後編へ続きます。

色々きになる事を残し次回へと続きましたが、次回が楽しみですね。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他のハロー張りネズミ感想記事】

ドラマハロー張りネズミ第1話感想|代理娘

ハロー張りネズミ第2話蘭子という女前編感想|深田恭子さんは最近いつも素敵な役が多いですね

ハロー張りネズミ第3回感想|蘭子という女後編

ドラマハロー張りネズミ第5回感想|File3ママ寂しかったの後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする