派遣社員の期間制限の変更について|労働者派遣法の改正に伴い


派遣社員の期間制限の変更について|雇用安定を図る施策

派遣社員労働者派遣法改正期間制限派遣社員の期間制限の変更について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

ミカンも過去には派遣社員として仕事をしていた時期がありました。

派遣社員として勤務するには、様々な理由があるかと思います。

  • 決まった期間だけ仕事をしたい
  • 中々正社員での雇用が難しい
  • 正社員で募集していない大企業へ勤務できる

など理由は人それぞれであると思いますが、1度でも派遣社員で勤務した人なら、だれもが思うと思うのですが、派遣社員と、派遣先で雇用されている社員の方達と、する仕事は大差ない(企業によっては派遣社員の方が優秀な人がいることも多々)のに、その待遇の違いに不満を感じた事もありかと思います。

そんな酷い待遇を受け続けてきた派遣社員への労働環境を少しでも整備しようとしているのが労働者派遣法で、2015年の改正により内容も変わってきましたのでこの記事では

  • 派遣社員の期間制限の変更|個人単位・企業単位での期間制限が設けられた
  • 派遣社員の期間制限の変更|雇用安定を図るために
  • 派遣社員の期間制限の変更|キャリアアップを図る施策も

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

現在派遣社員として仕事をされている方にも、これから派遣社員として仕事をする可能性のある方にも知っておいた方が良い事になりますので是非ご参考にして頂きますと嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

派遣社員の期間制限の変更|個人単位・事業所単位での期間制限が設けられた

派遣社員労働者派遣法改正期間制限2015年に施行された労働者派遣法の改正に伴い、派遣社員の働き方のルールが変わりました。

それではどのように変わったかを1つづつご紹介させて頂きます。

労働者派遣の期間制限が変わりました

2つの業務区分の廃止・・・従来は、専門的な知識や技能を必要とする、いわゆる【専門26業務(26種類に限定された業務】には派遣期間に制限はなく、その他の業務(自由化業務)には3年間の制限がありました。

しかし今回の改正により、2つの区分が廃止され、新たに期間制限が設けられました。

改正後は【個人単位】【事業所単位】の2本立ての派遣期間制限となりました。

個人単位の期間制限

1人の派遣社員が、派遣先の事業所の同一組織内(課内)で働ける期間は3年が限度となりました。

業務内容が途中で変更になっても、組織が変わらなければ3年の限度は変わりません。

但し、同じ派遣先でも組織を移る事によって、機関の限度を超えても就業できることもある。

例:例えば、あるK企業の総務課で3年間勤務した派遣社員のOさんが居たとして、0さんは派遣社員としてはそのままK企業の総務課で3年目以降も引き続き業務を行う場合はK企業に直接雇用される必要があります。しかしK企業の総務課から人事課へ移動してであれば派遣社員として引き続きK企業での勤務が可能なわけです。

事業所単位の期間制限

派遣先企業が事業所単位で派遣社員を受け入れできる期間は、原則3年となりました。

派遣先企業が3年を超えて引き続き受け入れる場合は、個人の期間制限まで延長できることがあります。

3年を超えて受け入れるためには、過半数労働組合等から意見を聴く必要があります。

派遣社員の期間制限の変更|雇用安定を図るために

派遣社員労働者派遣法改正期間制限

派遣社員の雇用安定が図られました

雇用安定措置:派遣元事業主は、1年以上同一の組織単位で就業する見込みがあるなど一定の場合、派遣社員の派遣終了後の雇用を継続させるための措置(雇用安定措置)を講じるよう努めなくてはなりません。

要は、同一企業に1年以上勤務することを前提として働いていた、派遣社員の人へ派遣会社はこの派遣社員の人の派遣契約の終えた後にも、仕事が無くならないようにしなくてはいけないという事です。

派遣会社が取る雇用安定措置

  • 派遣先への直接雇用の依頼
  • 新たな就業機会の提供
  • 派遣元での無期雇用
  • その他安定した雇用の継続を図るために必要な措置

派遣社員の期間制限の変更|キャリアアップを図る施策も

派遣社員労働者派遣法改正期間制限

キャリアアップ措置

派遣元は、雇用している派遣社員に対して、段階的体系的な教育訓練、希望者へのキャリア・コンサルティングを実施する義務があります。

キャリア形成支援制度

教育訓練は、キャリア形成支援制度として策定した教育訓練計画に基づいて行います。

キャリア・コンサルティング

キャリア形成支援制度として設置す相談窓口の担当者は、キャリア・コンサルティングについての知識と経験を持っていることが求められます。

派遣社員の意向に沿ったキャリア・コンサルティングが実施されることが必要になります。

以上のように労働者派遣法も徐々に整備されだしてきて、ミカンが派遣社員として勤務していた10年以上前の時代に比べれば、派遣社員に対する待遇も随分と良くなってきているかと思います。

これから派遣社員としてお仕事をお探しの方や、今現在、派遣社員として勤務されている方には少しでもご参考にして頂きますと嬉しいで♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

【その他の関連記事】

コールセンターで働くメリットデメリット|10年間の勤務経験から

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hi there, I found your web site by way of Google while searching for
    a similar topic, your site came up, it seems to be good.
    I have bookmarked it in my google bookmarks.
    Hi there, just become alert to your weblog through Google, and located that it’s truly informative.
    I am gonna watch out for brussels. I’ll appreciate in case you proceed this in future.
    Many folks will be benefited from your writing.
    Cheers!

  2. Hello.This article was extremely interesting, particularly because I was investigating for thoughts on this subject last Saturday.