美女と野獣の実写映画を見に行ってきました|ベル役はエマ・ワトソンさん


美女と野獣の実写映画を見に行ってきました|公開日翌日の4月22日に見ました

美女と野獣実写映画美女と野獣の実写映画についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

この記事では4月22日の公開翌日にディズニーの美女と野獣実写版の映画を見に行ってきた実際の感想から

  • 美女と野獣の実写映画|主人公はハリーポッターのハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんです
  • 美女と野獣の実写映画|あらすじは
  • 美女と野獣の実写映画|ミカンの知らないエピソードも含まれていました

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美女と野獣の実写映画|主人公はハリーポッターのハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんです

美女と野獣実写映画

≪実写映画 美女と野獣≫

ミカンは4月22日に≪実写映画 美女と野獣≫に行ってきました。

今回≪実写映画 美女と野獣≫にはベル役にエマ・ワトソンさんが出演されるということです。

ミカンはエマ・ワトソンさんがハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー役で出演されている時からなんて可愛らしい(綺麗な)人なのだろうと思っており大好きな女優さんの1人でした。

ミカンはアニメやミュージカルなどで≪美女と野獣≫は見たことがありストーリーや音楽も大好きですので上映開始になるのがすごく待ちどうしく、大変楽しみにしていました

美女と野獣実写映画

今回ミカンは≪実写映画 美女と野獣≫には<2D字幕版><2D吹替版><3D字幕版>がある中で<2D吹替版>見ることにしました。

エマ・ワトソンさんや演じる俳優さんや女優さんそのもの声で見たい気もありましたし、3Dにも大変魅力を感じましたが、ミカンは英語が分からない為どうしても字幕を読んでいると字幕の方に集中してしまうことがあり、せっかくの素晴らしい映像を見逃してしまう可能性があると思ったからです。

美女と野獣の実写映画|あらすじは

美女と野獣実写映画美女と野獣のあらすじ

≪美女と野獣≫は魔女によって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子の呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に王子が誰かを心から愛しそして愛されなくてはならない。

さもなければ王子は永遠に野獣のまま・・。

しかし王子は野獣の姿になった自分を愛してくれる者などいるはずがないと独り心を閉ざして暮らしていました。

そんな絶望の日々に変化をもたらしたのは、聡明で美しいベルという女性との出会いでした。

ベルは 自分らしく生きながらも、周囲から変わり者と呼ばれ心に孤独を抱えていました。

そんな彼女が外見に囚われ本当の自分を見失っていた王子を少しずつ変えていきます。

はたして、二人の出会いは王子の運命を変えることができるのかというストーリーです。

美女と野獣の実写映画|ミカンの知らないエピソードも含まれていました

美女と野獣実写映画

≪実写映画 美女と野獣≫はミカンが今まで見たことのある≪美女と野獣≫のストーリーとほとんどが同じ内容でした。

ただベルの母親が亡くなった経緯などの初めて知るストーリーも含まれており、より一層興味深いストーリーになっていました。

そしてCGを使うことによりリアリティー感ある動きになっており完成度がかなり高い作品のように感じられました。

そしてディズニーならではの美しく素敵な歌と音楽と映像でファンタジーの世界に引き込まれるようでした。

なによりも≪実写映画 美女と野獣≫の後半部分であるガストンが野獣を倒しに行き、それをベルが止めようとするシーンからはストーリを知っているミカンなのですが感情移入してしまいずっと涙が出てしまっていました。

美女と野獣実写映画

≪実写映画 美女と野獣≫はミカンが今まで見たことがある≪美女と野獣≫の中ではミカンが一番好きな作品になりました。

吹き替え版で声や歌を披露している昆夏美さん(ベル)や山崎育や三郎さん(野獣)や岩崎宏美(ポット夫人)やその他のキャストの方々も大変良かったのですが、時間があれば≪実写映画 美女と野獣≫の<3D字幕版>で、今度はエマ・ワトソンさんや演じる俳優さんや女優さんそのものの声の歌やセリフなどで≪実写映画 美女と野獣≫見たいと思いました。

これから実写版の美女と野獣を劇場に見に行かれる方々に少しでもご参考にして頂きますと嬉しいです♪

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の映画関連記事】

劇団四季の美女と野獣京都劇場の感想

相棒劇場版Ⅳの感想|Ⅱと甲乙つけ難い傑作でした!

アナと雪の女王続編が2019年11月27日劇場公開決定!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. You could definitely see your enthusiasm in the paintings you write.

    The sector hopes for more passionate writers like you who are not afraid to say
    how they believe. At all times go after your heart.