1日5時間勤務制について|給与も変わらないなら羨ましいです!

Pocket

1日5時間勤務制について|東京都の港区の会社では既に実施されています

1日5時間勤務制

1日5時間勤務制についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

蜜柑の缶詰サイト管理人のミカンです♪

1日5時間勤務制と言う言葉を最近聞きました。

蜜柑は1日5時間勤務制と言う言葉を最初に聞いた時に思ったことは、

『1日5時間しか働かないのならお給料が少なくなるんじゃないの?』

でした。

ミカンが貧乏性だからそう思うのでしょうか?

皆さまは1日5時間勤務制と言う言葉を聞くとどのような事をお考えになりますでしょうか?

この記事では既に実際に1日5時間勤務制を導入されている企業での実際の様子なども含め

  • 1日5時間勤務制|導入の目的は?
  • 1日5時間勤務制|実際の社員の感想は?
  • 1日5時間勤務制|業務への支障は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日5時間勤務制|導入の目的は?

1日5時間勤務制

会社勤めといえば1日8時間労働が基本ですよね。

ミカンが今まで勤務してきた会社でも派遣であっても8時間、短くても7時間半が基本でお昼休憩の1時間を取ったとしても9時間拘束が当たり前のように今まで勤務してきました。

しかし冒頭でもお伝えした通り実際に既に1日5時間勤務制を導入され【1日5時間労働】を実践している企業があのです。

東京都港区に本社を置くフューチャーイノベーションという企業では、13時~18時までの5時間勤務制を導入していると発表しています。

現在人手不足がささやかれる中、企業としては出来るだけ今在籍している人材に、沢山の仕事をさせて、それでいて人件費は少しでも抑えたいという企業が多い中、真逆をいくこの行為はどういった目的で行われているのでしょう?

ミカンも非常に強い興味を持ちました。

フューチャーイノベーションさんが5時間勤務制を導入したのは、2016年の創業時からという事で会社自体が最近設立された企業のようです。

仕事のパフォーマンスおよび生産性の向上が目的で、朝の通勤ラッシュで疲れてしまう午前中や、眠くなりがちな昼食後は、仕事を続けても成果が上がりにくいと割り切り、午後の5時間に集中して仕事を終わらせるスタイルを選んだそうです。

何と合理的で、労働者の気持ちが分かっていらっしゃる経営者の方なのでしょう!

ちなみに勤務時間は短くとも、同業他社に比べて特に給与が低いといったことはないとのことです。

むしろ時給に換算すれば、他社に比べて倍近い給与を得ていることになります。

それはそうですよね。

同業他社と同等の給与を得られて勤務時間が約半分とまでは行かなくとも6割くらいになるのですから、時給換算したら倍近くになっているというのはうなずけます。

1日5時間勤務制|実際の社員の感想は?

1日5時間勤務制

フューチャーイノベーションさんでは実際に社内でアンケートをとったところ、全社員の83%が5時間勤務に【大変満足している】と回答されているそうです。

当然の回答だと思います。

逆に不満があると答えた人は0人だったそうですがこれももちろん当たり前でしょう。

満足している理由としては、主に

  • 満員電車に乗らなくてすむ
  • 朝活で運動し、心も身体もリフレッシュできる

など。

確かに満員電車に乗らなくて良いというのは非常に大きな理由だと思います。

ミカンも過去には1時間近く満員電車に乗り通勤していた経験がありますが、これが様々な理由で非常に大きなストレスとなり、会社に出社した時点で1日の力の大半を消費していた事も多々ありました。

満員電車のせいで元気に、

『おはようございます!』

と出社する気力も無くなってしまうのですよね~。

また他にも、空いた時間を利用して資格セミナーを受講したり、あるいは子どもとのふれあいの時間を設けたりと、それぞれ時間の有効活用を行っているようです。

これも素晴らしく社員の方々の仕事効率が上がる理由だと思います。

やはりプライベートややりたいことをできる時間があっての仕事だと思います。

時間にゆとりを持ちながら大きなストレスをためることもなく、程よくストレス解消する時間も取りながら日々の業務に取り組む方が気持ちや脳にもゆとりができ良いアイデアも思い浮かんだりするのでしょうね。

何でもギリギリいっぱいなカツカツな気持ちでやっていると、怒らなくても良い場面で怒ってしまったりどうしても時間に終われたり疲労がたまるとミスも出てしまいますしね。

1日5時間勤務制|業務への支障は?

1日5時間勤務制

ちなみフューチャーイノベーションさんの主な業務は不動産コンサルティングとの事なのですが、この働き方で業務に支障はないのかとミカンは経営者でもなんでもないですが、逆に社員さん方が優遇されすぎているような気がしてそちらの方が気になってしまいましたが・・・

「みんな13時~18時の間にどうやって自分の仕事を終わらせるか、効率的な時間配分を考えて働いているので、特に支障はありません」

とのご担当者様からのコメントとのことでした。

しかも残業も基本的にないとのこと。

ミカン正直うらやましすぎる~!と思ってしまいました。

ミカンはこの企業の経営者の方がどのような方なのか存じ上げておりませんが、きっとご自身が社員として勤務されていた経験があり、ご自身が業務方で仕事効率が下がると身を持って実感された方なのかな、だから働く人間の気持ちが分かるのだなと心底感心致しました。

1日5時間勤務制については以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の労働関係の気になるニュース記事】

2017年4月の有効求人倍率がバブル期を上回る|5月30日に厚生労働省発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Irving Rom より:

    I’ll right away grasp your rss as I can not find your e-mail subscription hyperlink or newsletter service. Do you’ve any? Kindly permit me recognize in order that I may just subscribe. Thanks.